離婚に伴う財産分与の手続き

 

 

離婚に伴う財産分与の手続きについて

財産分与はスタートダッシュを切るに当たり、非常に重要な事項であると言えます。

 

仕事をしている夫であれば、今まで通りに働いていればある程度の収入が入ってきますし、家族全員を支えるのではなく、個人のことを考えるだけで良いので、以前よりも生活しやすくなるはずです。

 

しかし、専業主婦の方が離婚するという場合は、一切の収入がなくなるので、色々な手立てを使って収入を得る必要があります。

 

その大きな方法が財産分与であり、収入を得ていなかった専業主婦であっても、決められた割合に応じて金額を得られるのです。

 

この財産分与は夫婦間の話し合いで行えるのですが、お金に関することでのトラブルが多く、裁判による調停で決められるということも決して少なくはありません。

 

それに、ただ任せていれば良いというものでもなく、自分でも手続きに関してしっかりと把握しておかなければ、先行きが真っ暗になることも十分にあり得ます。

 

特に子供を引き取る専業主婦の方は、子供の成長に関わる大事な部分ですので、相手に任せるのではなく、手続きについて勉強するべきです。

 

さて、離婚時における財産分与は、あらゆるものの中で一番面倒なものであると言われており、多くの問題点があります。

 

それは、相手の財産をきちんと把握できないということや、財産の種類ごとに分配の仕方が異なるということです。

 

財産が現金や預金のみであるという家庭は、そのままそのお金を財産分与すれば良いのですが、現実的にこのような家庭はなく、現金以外を分配するに当たって必要となる手続きも複雑なため、当人同士の話し合いではこじれてしまうことが少なくありません。

 

離婚による財産分与の手続きや流れが良く分からないまま話が進むというケースも考えられるため、電話・郵送・メールで弁護士に相談するのが確実です。

 

基本的に財産分与は、収入が低い者から高い者に対して要求するものとなっており、妻が夫に請求するというケースが一般的となっております。

 

中には、財産分与の調停を起こしたのにも関わらず、手続きが分からないまま終わってしまい後悔している方は多くいらっしゃるのです。

 

財産分与は本人のみで解決するのが非常に難しいので、法律相談所などに問い合わせることをおすすめします。

 

親切なところでしたら、無料で話を聞いてくれるはずです。

 

弁護士を雇う際にお金は必要となりますが、財産分与で後悔しないためにも専門家への相談は欠かせないと言えるでしょう。

離婚に伴う財産分与に関するページ