離婚に伴う財産分与の相場

 

 

離婚に伴う財産分与の相場について

中々、離婚に伴う財産分与の相場を出すというのは難しく、ケースバイケースであると説明できます。

 

つまり、家庭の状況によって変化するものですので、離婚による財産分与でどのくらいもらえるのかは人それぞれです。

 

それに、夫が高い収入を得ていたとしても、財産が全くないという場合は、あまり多くの財産を見込むことはできません。

 

お金に関するトラブルはつき物ですので、相手方に財産分与を任せるのではなく、自分でもしっかりと把握しておく必要があります。

 

「財産はいいから直ぐにでも離婚したい」と思っている方はいらっしゃいますが、相場では専業主婦であっても2分の1の財産分与を得られるようになっております。

 

少しでも我慢すれば離婚をしてからの生活が楽になることは間違いないので、きちんと理解を深めておくことが大切なのです。

 

さて、妻が専業主婦であった場合、夫は財産分与の必要がないと考えるかもしれませんが、妻のサポートがあってこそ夫は仕事に専念できたことになるので、妻に収入がなくても評価されるのは当然であると言えるでしょう。

 

原則として50%となっておりますが、夫が自分の努力によって高給取りとなったような事情が考えられるので、相場としては30%〜50%程度であると思ってください。

 

もし、共働き夫婦であった場合は、必要な生活費を二人で負担し、お金を貯蓄していたわけですから、財産分与の相場は50%です。

 

もちろん、共働きでも収入の違いといった個別の事情は考えられるので、必ずしも2分の1ずつになるというわけではありません。

 

このように、離婚による財産分与は一定の基準があるというわけではなく、夫婦それぞれ異なっております。

 

元々の財産が全くないという場合は、数十万円程度となりますし、中には数千万円に上るというケースもあるのです。

 

財産分与の平均データなどは出ておりませんが、合意が出ればいくらであっても構わないということになります。

 

合意が出ず、夫婦で話がまとまらないという時に、裁判での調停が行われるというわけです。

 

以上のように、財産分与のデータを出すのは非常に難しいのですが、一つ言えることは婚姻期間が長ければ長いほど、額も増えていくという特徴があります。

 

結婚をして数ヶ月で、共通の財産ができるということは考えにくいため、婚姻年数が長くなるほど、財産分与の額が増えるということはお分かり頂けるのではないでしょうか。

離婚に伴う財産分与に関するページ