離婚に伴う財産分与の種類

 

 

離婚に伴う財産分与の種類について

財産分与は夫婦の状況によって、4つの種類に分けられます。

 

ここでは、離婚に伴う財産分与にどのような種類があるのか詳しく説明しているので、興味がある方はチェックしてみてください。

清算的財産分与

清算的財産分与は、夫婦の協力によって得られた財産を清算する一般的な財産分与となっております。

 

たとえ、直接的に収入を得ていない専業主婦であったとしても、夫が収入を得てこれたのは、妻の支えがあってこそと判断されるので、共同で形成したものとして財産分与を主張できるのです。

 

夫婦それぞれの貢献度に合わせて分配していくのですが、妻が専業主婦であったとしても、最近では2分の1ずつの割合になっております。

 

夫の努力によって医師や弁護士といった仕事に就いていたというケースも考えられるので、全ての財産を2分に1に財産分与することが公平とは限りません。

扶養的財産分与

扶養的財産分与は、離婚後の弱者に対する扶養料のことを指しております。

 

専業主婦の方が離婚する場合、今までは収入がなかったので今後の生活が不安定になることは否めないでしょう。

 

清算的財産分与だけでは経済的な不安をきたすという場合、相手を扶養することを目的として財産分与が行われます。

 

特に、妻が小さな子供を引き取るという場合、離婚後の生活が成り立たないということが想定されるため、妻が自立できるようになるまでは、夫が財産を分与しなければならないのです。

慰謝料的財産分与

慰謝料的財産分与は、離婚によって相手方に精神的な損害を与えた場合に支払う損害賠償金であると説明できます。

 

本来であれば慰謝料と財産分与は別物となっておりますが、離婚の原因が明らかに相手にあるという場合、慰謝料の要素も加えてもらえる財産の量を増やせるのです。

 

この財産分与に慰謝料が含まれているのであれば、相手方に与えた精神的苦痛に対して、別途に慰謝料を支払う必要はありません。

 

とは言え、慰謝料的財産分与が行われても十分な補てんがされていないという場合は、新たな慰謝料の請求が可能です。

過去の婚姻費用の清算

過去の婚姻費用の清算は、主に別居中の生活費のことを指しております。

 

同居や別居に関係なく、婚姻関係が継続しているのであれば、お互いに扶養義務があるので、生活費の請求が可能です。

 

そのため、別居期間中に未払いの生活費があるという場合は、それを含めて財産分与が可能となっております。

 

これらのことをまとめて、過去の婚姻費用の清算と呼ぶのです。

離婚に伴う財産分与に関するページ