離婚に伴う財産分与と年金

 

 

離婚に伴う財産分与と年金について

婚姻中に夫婦の協力を得られて得た財産を分割することを、財産分与と呼びます。

 

これは、離婚の原因がどちらにあるとしても、受け取ることは可能です。

 

収入を得られていない専業主婦が原因で離婚をしたという場合でも、夫から財産分与を請求することは可能となっております。

 

特に、子供を引き取るという場合は、子供の将来も同時に考えていかなければならないので、専業主婦の方はしっかりと夫から財産分与を請求しなければなりません。

 

この制度は離婚をしてから2年以内であることが条件ですので、早めに対処する必要があります。

 

さて、2005以前は、専業主婦が離婚した場合、老後の支給額が非常に少ないというデメリットがありました。

 

会社に勤めていた夫は、厚生年金と基礎年金が支払われる仕組みとなっているのですが、専業主婦の妻には満額で1ヶ月に6万6,000円程度の基礎年金しか支給されないのです。

 

たったこれだけの年金で老後の生活を行うというのは、非常に厳しいと言えるでしょう。

 

そこで、2007年の4月と2008円の4月の2回に分けて新しい年金分割制度が施行され、2007年の4月以降に離婚をしたという夫婦には、最大で婚姻期間中の厚生年金の半分を財産分与できるという制度に変わりました。

 

更に、2008年の4月に専業主婦だった期間の年金は、自動的に2分の1となります。

 

財産分与の対象とならないものは、結婚前から個人が所有していたものや、相手方が個人的に作った借金ですので、年金は財産分与の対象となるというわけです。

 

実際に、2007年以降に熟年離婚が増えたというデータがあるのですが、これは年金制度に変更があったからではないかと考えられております。

 

専業主婦の方に優遇された制度であると言えるので、離婚をしても老後の心配がないということで、我慢していた主婦が離婚を決意するようになったのです。

 

ただし、当事者の合意や裁判の手続きなどで、年金分割の割合をしっかりと定めておかなければなりません。

 

そして、主婦で合意ができたのであれば、社会保険庁で請求手続きを行う必要があります。

 

原則として、請求すべき分割割合について合意したという旨を記載し、自らが署名した書類を提出しなければならないのですが、2人で行くのは難しい場合があるでしょう。

 

そうような場合、公正証書を作成することで、請求する側が一人で手続きを行えるのです。

 

老後の生活が心配な方はたくさんいらっしゃると思うので、財産分与をきちんと請求してください。

離婚に伴う財産分与に関するページ