離婚に伴う財産分与とローン

 

 

離婚に伴う財産分与とローンについて

住宅ローンを組んでローンを持とうとしている夫婦の方は、多くいらっしゃるでしょう。

 

その時点では離婚なんて全く考えていないとしても、夫婦の間に何らかにの溝ができて、離婚に至るというケースは決して少なくありません。

 

このように、離婚をして財産分与をする際に、ローンの支払い問題は大きなトラブルが引き起こされやすくなっております。

 

ローン付きのマンションの財産分与は、夫名義だったとしても、比較的簡単に妻名義にすることは可能です。

 

銀行の承諾がなくても変更自体は可能となっておりますが、期限の利益を損失し、一気に残りの額を請求される可能性があるので、あらかじめ銀行に承諾を得る必要があります。

 

さて、ローンが残っていない不動産やマンションを財産分与で分けるという場合は、「売却してそのお金を分ける」「持ち分を決めて共有の財産とし、不動産分割請求を行う」「どちらかが単独に所有する」という方法に分けられます。

 

とは言え、現実的に考えて、離婚をした以上、共有の財産とするのは難しいので、他の方法がとられる可能性が非常に高いのです。

 

もし、ローンが残っているのであれば、その住宅などを売却し、それで得られた利益を使用して支払いを済ませるというのが一般的となっております。

 

一番分かりやすい方法であり、売却した金額がローンの金額を上回ったという場合は、それを財産分与することは十分に可能です。

 

例えば、4,000万円の価値があるマンションを購入し、そのローンの残りが2,000万円ほど残っていたと仮定します。

 

そのマンションを3,000万円で売却できたのであれば、残りの1,000万円を財産分与し、50%であれば500万円ずつ受け取れるというわけです。

 

しかし、全て売却をしたとしてもローンが残るという場合はあるので、そのような時は夫が自分の名義で住み続けるという方法が分かりやすくなっております。

 

もちろん、逆に妻名義に変えて妻が所有するものとして捉えることも可能です。

 

どちらにしても、財産分与の対象となるのは、不動産の時価からローンの部分を差し引いた額となります。

 

このような方法の中で、離婚をした際の財産分与として、ローンが残っているマンションがある場合、任意売却をする方が多くなっております。

 

車であればそこまで大きな額にはなりませんが、住宅ローンの場合、夫婦で支払い続けてきたものを一人で支払うのは困難なので、任意売却が利用されているというわけです。

離婚に伴う財産分与に関するページ