離婚に伴う財産分与

 

 

離婚に伴う財産分与について

財産分与とは、結婚をしてお互いに生活を行っていった際、夫婦で築いた財産を清算することを指します。

 

たとえ名義が他方のものであったとしても、相手方の協力があったと考えられているので、それらも全て夫婦の共有財産となるのです。

 

慰謝料を請求できない離婚であったとしても、この財産分与はどんな理由の離婚でも行われます。

 

また、離婚の原因を作った側の財産分与が慰謝料として帳消しにされ、ゼロとなる場合もあるのです。

 

離婚を考える際、この財産分与に関しての知識を持っているという方は少なく、早く離婚を成立させたいという気持ちでいっぱいになり、明らかに低い金額で妥協してしまったり、衝動的に財産分与を放棄してしまったという方はいらっしゃいます。

 

もし、書面で財産分与を放棄すると明記してしまうと、その後に財産分与を請求するのは非常に難しくなるので、相手側から何かしらの要求があったとしても書類として残さないことが大切です。

 

さて、財産分与の対象となるものとしては、現金や不動産、生命保険金や営業用の財産などが挙げられます。

 

夫婦が共同で何か事業を行っているという場合、事業主が夫名義となっていたとしても、妻の協力があってこそ築けたものであると考えられるので、財産分与の対象となるのです。

 

また、退職金も清算の対象となる場合があります。離婚をした年齢にもよりますが、30代40代で離婚をする場合は、退職金を考慮しないのですが、退職間近である場合は、妻の今後の生活を考慮し、清算の対象となるのです。

 

ただし、退職金は不確定要素が多いので、対象とするにはいささかの問題があるという意見もあります。

 

更に、夫が婚姻期間中に作った負債はどうするのかという意見がありますが、これは妻が保証人となっていない限り、離婚した妻が支払う義務はないので安心してください。

 

とは言え、既に自分が財産の一部を支払ってしまっているという場合は、その金額を請求するのは難しくなっております。

 

夫の負債が家賃や生活費に使ったものであれば、妻が知らなくても連帯して支払う義務があるのです。

 

何か分からないことがある場合は、他方に任せるというのではなく、法律などに関するサポートに問い合わせてみましょう。

 

そのまま相手方に任せっぱなしにしていると、自分が損をしてしまう可能性は十分にあるので、財産分与に関する知識をきちんと身に付けておくことは大切なのです。

離婚に伴う財産分与に関するページ