離婚で疲れたという方へ

 

 

離婚で疲れたという方へ

離婚をして精神的に疲れたと感じる方はいらっしゃるのではないでしょうか。

 

特に、生涯のパートナーであると思っていた相手と離婚をして、大事な人を失ってしまったら、全てにやる気がなくなってしまうはずです。

 

離婚はお互いの合意の上でしか成立しませんが、信じていた人から急に離婚を告げられたという方は、調停離婚に持ち込むことですら嫌になるかもしれません。

 

それに、相手の気持ちが変わらず、離婚届だけを置いて出ていってしまったという場合、死にたいという気持ちになってしまうのは当然です。

 

「自分の何がいけなかったのか?」「もっと相手にできることはなかったのか?」と自分を責めたくなる気持ちは分かりますが、後悔をしても過去には戻れません。

 

自分を責めたくなる気持ちは十分に分かりますが、それでは前には進めないと思います。

 

逆に考え込んでしまうとストレスが更に溜まり、うつ病になるという可能性もあるのです。

 

離婚はドメスティック・バイオレンスのように、どちらかが一方的に悪いということがありますが、必ずしもそうではなく、お互いに何か問題があったからこそ、離婚という形で終わってしまうことがあります。

 

それを悔やんでいても仕方がありませんし、一度離婚をしたからといって、人生が終わってしまうわけではないのです。

 

疲れて死にたくなるかもしれませんが、ここを耐えれば幸せな未来が待っているのではないでしょうか。

 

悩んでいても何も始まりませんし、新しい人生を踏み出すつもりで、頑張ってみてください。

 

もちろん、元パートナーのことを忘れることはできないかもしれませんが、無理をして忘れる必要はないのです。

 

一つの良い思い出として頭の中に残し、新たな一歩を踏み出していけば良いと思われます。

 

離婚をして直ぐに気持ちの切り替えができるとは限らないので、落ち込むような時期があっても良いのですが、その気持ちをいつまでも引きずっていてはいけないのです。

 

疲れたのであれば、何か新しいことを始めたり、自分が気分転換できることを行ってストレスを解消することをおすすめします。

 

ストレスが溜まれば溜まるほど、どんどん良くない影響が引き起こされることは間違いないので、気楽に考えていきましょう。

 

人生において正解なんて一つもありませんし、何が正解なのかいつまで経っても分からないことが多いのです。

 

もしかしたら、もっと良いパートナーに出会えて幸せな家庭を築いていけるかもしれません。

その他