離婚のきっかけ

 

 

離婚のきっかけについて

離婚のきっかけは人によって異なると思われますが、些細なことから離婚に発展するという夫婦は決して少なくありません。

 

夫が暴力を振るい、妻や子供に怪我をさせたというきっかけの方がいれば、何となく話していてつまらないというきっかけの方もいらっしゃいます。

 

人によっては、「そんなくだらないきっかけで離婚するの?」と思うかもしれませんが、それが当人にとっては大きな問題であることは珍しくないのです。

 

いつでも楽しい会話をして夫婦生活をしていきたいと願っている方が、お互いに全く会話がないような生活を送っていたら、離婚をしたいと考えるでしょう。

 

このように、きっかけは人それぞれですので、特に決まっているというわけではないのです。

 

とは言え、暴力を振るわれたり浮気をされたという場合は、大きなきっかけだと思います。

 

一度くらいならば許せるかもしれませんが、「もう二度としない」と約束したのにも関わらず、約束を守らないようであれば、離婚の大きな原因となるのです。

 

少しでもパートナーとの将来が不安になり、やっていけないと思ったのであれば、離婚という選択肢を頭の中に入れてみてください。

 

もちろん、離婚をすれば解決するという単純なものではありませんし、子供のために婚姻を続けるという選択肢もあるとは思われますが、人生の分岐点の一つとして離婚があるのです。

 

以前は、「離婚は悪いもの」「結婚生活を続けるのが普通」という考え方が定着しておりましたが、現在はそんなことはありません。

 

離婚は悪いことではありませんし、人生の選択の一つとして考えられております。

 

それに、離婚は恥ずかしいというものではないので、「新しい人生を始める」という意味で、視野に入れるのも良いでしょう。

 

さて、中には離婚を相手に告げるきっかけがないと悩んでいる方がいらっしゃいます。

 

確かに、食事の最中にいきなり離婚話をするのはおかしいですし、寝る前にするような話でもないので、迷うという方の気持ちは十分に分かります。

 

しかし、タイミングが悪いといって離婚話を先延ばしにしていたとしても、離婚を告げるきっかけはやってこないのです。

 

自分からは言い出しづらいのは分かりますが、それではいつまで経っても変化は訪れないので、自分で離婚のきっかけを作る必要があります。

 

相手が逆上することも十分にあり得るため、離婚話は第三者を交えてカフェなどで落ち着いて話すのが最適です。

その他