離婚の原因ランキング

 

 

離婚の原因ランキングについて

ここでは、離婚の原因ランキングについて、詳しく説明していきたいと思います。

 

どのような原因で離婚を決意する夫婦が多いのか、このページでチェックしてみてください。

1位:性格の不一致

男性も女性も一番の離婚原因として挙げているのが、性格の不一致です。

 

結婚前はお互いに好きだったのにも関わらず、一緒に生活をしていく上で、だんだんと性格が合わなくなるということが十分に考えられます。

 

それに、付き合っていた頃は相手の好きなところしか見えず、悪いところは無意識のうちに見ないようにしている方が多いのです。

 

しかし、結婚をして生活をともにしているうちに、その悪い部分ばかりが目立つようになり、離婚に至るケースが多いのではないでしょうか。

 

生まれも育ちも異なるわけですから、性格が異なるのは仕方がありません。

 

全く性格が一緒な二人はこの世に存在しないので、すれ違いが引き起こされるのは仕方のないことなのです。

 

いかに、相手を理解できるかというところが、離婚せずに長く結婚生活を続ける大きなポイントとなり得ます。

2位:異性の関係

浮気や不倫といった異性の関係が相手にばれてしまい、離婚をするハメになったという夫婦は多いのではないでしょうか。

 

上記で説明した性格の不一致によって相手から少しずつ気持ちが離れ、別の異性に手を出してしまうのです。

 

特に、単身赴任をしているという夫に多く、普段の寂しさを紛らわせるために、別の異性と関係を持ってしまいます。

 

些細なことから夫婦のすれ違いが引き起こされる可能性があるので、頻繁にコミュニケーションをとっていかなければなりません。

3位:他の家族と馬が合わない

他の家族との馬が合わないということで、離婚を決意する方はいらっしゃいます。

 

特に嫁姑問題は有名となっており、夫のお母さんにいじめられることが、離婚の原因となっているのです。

 

これは、嫁と姑だけに問題があると思われているのですが、実は夫にも大きな原因がある場合があります。

 

「自分には関係ない」と思うかもしれませんが、そのような考えによって離婚に至ることがあるので、妻をきちんとフォローすることが大切です。

 

 

この3つが離婚を考える大きな原因となっております。

 

男性であっても女性であっても、この原因が大差を占めているのです。

 

他にも、「夫の浪費癖」「精神的な虐待」「家事を手伝わない」「異常な性格」といった原因が考えられます。

 

10の離婚した夫婦があれば、10通りの原因があると言っても過言ではありません。

その他が原因の離婚に関するページ