モラハラが原因の離婚

 

 

モラハラが原因の離婚について

配偶者のモラハラが原因で離婚に至るという夫婦は意外と多く、近年になってだんだんと増え始めました。

 

モラハラとはモラルハラスメントの略語で、言葉や態度を用いて精神的に相手を傷付ける暴力のことを指します。

 

殴ったり蹴ったりという暴力を振るわなくても、精神的な言葉の暴力で追い詰められる方は多く、モラハラが原因で離婚に至ったとしても決して不思議な話ではないのです。

 

モラルハラスメントという言葉はここ数年で市民権を得てきている言葉ですが、浸透していなかった一昔前から夫のモラハラで悩まされていた妻は多いかもしれません。

 

夫が妻に対して、「誰のお陰で生活できていると思ってるんだ」というのはモラハラの一種で、精神的な虐待や嫌がらせに該当します。

 

モラハラの概念が一般的に知られていなかった時代は、夫のこのような言動で妻が離婚を切り出すと、「わがまま」「傲慢」と考えられるケースが非常に多かったのです。

 

しかし、現在ではモラハラが広く認知されるようになり、精神的なストレスでうつ病といった病気を発症するケースもあることから、離婚原因として裁判所の理解を得られやすくなりました。

 

もちろん、夫からの精神的な攻撃だけではなく、妻のモラハラによって夫が離婚を切り出すケースも意外と多く、「生活費を渡さない」「給料が安いと罵倒する」という例が挙げられます。

 

加害者側は自分の言っていることが正しいと考えており、言葉や態度で相手を傷付けている自覚がないため解決が非常に難しいですし、肉体的な暴力と違って表面に出にくいのがモラハラの特徴なのではないでしょうか。

 

モラハラを受けたまま夫婦生活を送っていくのは相当な負担ですし、加害者は責任転嫁をしてくる可能性が高いので、モラハラの被害者だと自分で気付くことが最も大事なのです。

 

これは男性でも女性でも該当しますが、以下の項目に当てはまる数が多いという方はモラハラの予備軍なので、パートナーの性格と照らし合わせてみてください。

 

 

・価値観の違う相手を理解しようとしない

・相談できる友人がいない

・一人で行動することが多い

・ストレスを抱え込んでいる

・他人の幸福なニュースを嫌がる

・店員や後輩に偉そうな態度を取る

・自分の意見に反対されると怒る

・周囲の人間に自分のやり方を押し付けようとする

・自分が不利な状況に陥ると直ぐに逃げ出そうとする

・他人のミスに対して厳しく言及する

・喧嘩した時に自分から謝ることがない

その他が原因の離婚に関するページ