一方的な離婚

 

 

一方的な離婚について

「一方的に離婚届を提出された場合は、離婚が成立するの?」という疑問を抱いている方はいらっしゃると思います。

 

確かに、いきなり離婚を切り出され、何が何だか分からないうちに離婚話が決まっていたというケースもあるのです。

 

しかし、裁判上の離婚原因がないのであれば、一方的に離婚させられることはないので安心してください。

 

「離婚届を勝手に提出されるのでは?」と不安になる方はいらっしゃいますが、心配はありません。

 

基本的に離婚届は、書き間違いなどがない場合は受理されてしまうのですが、勝手に相手の名前を書いて提出するという事態は引き起こされる可能性があります。

 

離婚届を提出する際に本人確認は必要ですが、夫婦揃って提出しなければならない義務はないため、一方的にどちらかが出してしまうことはあるのです。

 

そのような救済策として、離婚届の受理を無効にする方法があります。

 

相手と離婚したいという気持ちがあるにしろ、財産分与や慰謝料の取り決めを行わずに離婚をしてしまったら、明らかに不利益が生じてしまうのです。

 

このような一方的な離婚を防ぐためにも、訴訟を起こす必要があります。

 

裁判で認められればその離婚は白紙に戻り、戸籍からも離婚による記載が消去されるというわけです。

 

また、知らぬ間に離婚が成立するのを防ぐために、あらかじめ不受理申出書という書類を提出しておく方法もあります。

 

不受理申出書を提出しておけば、相手が勝手に自分の名前と印鑑を押して離婚届を出したとしても、それが受理されるということはありません。

 

不受理申出書は市町村役場の窓口でもらえますし、必要事項を記入して提出するだけですので、非常に簡単です。

 

ただし、不受理申出書の有効期間は半年間となっているのです、離婚による話し合いが長引きそうだなと思ったら、6ヶ月毎に手続きを行う必要があるので十分に注意してください。

 

以上のように、どちらかからの一方的な離婚を防げるということがお分かり頂けたのではないでしょうか。

 

訴訟を起こすとなると大変な時間と労力が必要となるので、一方的な離婚を回避する手段としては、不受理申出書の提出が適しております。

 

離婚問題はその場だけのことではなく、自分の将来や子供の将来に大きく関わってきます。

 

簡単に考えている方はいらっしゃるかもしれませんが、夫婦で徹底的に話し合い、自分に不利となるような離婚はできるだけ避けなければならないのです。

離婚の種類に関するページ