離婚の種類

 

 

離婚の種類について

離婚と一口に言っても色々な離婚の方法があり、全部で4種類となっております。

 

どの方法を利用しなければならないという規定はなく、夫婦で好きな方法を選択できるのです。

 

そこで、ここでは離婚にどのような種類があるのか詳しく説明していきたいと思います。

協議離婚

離婚をする家庭の約9割を占めているのがこの協議離婚で、夫婦間の合意さえあれば特別な理由がなかったとしても簡単に離婚が成立します。

 

一般的に夫婦間で話し合い、合意が出れば離婚届に必要な事柄を記入し、それを提出することで受理されるのです。

 

もし、夫婦双方に離婚の意志があるのであれば、面倒な手続きをしなくても離婚ができるので、ほとんどが協議離婚となっております。

 

ただし、未成年の子供がいるという場合は、親権者をあらかじめ定めていなければならないので十分に注意してください。

 

また、子供の養育費や慰謝料、財産分与について話をしておかないと、後々のトラブルの種となりますので、きちんと話し合いましょう。

調停離婚

夫婦による話し合いで離婚に関することがまとまらない場合、家庭裁判所に調停を申し立てるのですが、これが調停離婚です。

 

離婚をする方の約9%と非常に少ないのですが、夫婦間で決まらないという場合に家庭裁判所に間に入ってもらい、調停を利用して離婚を成立させます。

 

調停の呼び出しに応じないと5万円以下の罰金が生じるので、ある程度の強制力があるのがメリットです。

審判離婚

審判離婚は、極めて稀なケースなのですが、調停で離婚が成立しなかった場合、審判という手続きに移行することがあります。

 

家庭裁判所が調停で話し合われた内容を加味し、離婚すべきと判断した場合、審判を下すのです。

 

ただし、夫婦のどちらかが異議の申し立てをした場合は効力が失われるので、現在ではほとんど利用されておりません。

裁判離婚

離婚する家庭で裁判離婚になるのは全体の約1%と少なく、調停離婚で離婚の成立が決まらなかった場合、どちらかが地方裁判所に訴訟を起こし裁判離婚へと発展していきます。

 

裁判所が判断を下すので、たとえ夫婦の合意が得られなくても離婚が成立するケースはあるのです。

 

ただし、性格の不一致という理由は認められておらず、法定離婚原因に該当しない場合は、離婚が不成立となります。

 

とは言え、裁判で判決された内容に不服があるのであれば、高等裁判所→最高裁判所を利用して争うことは十分に可能です。

離婚の種類に関するページ