お金が原因の離婚

 

 

お金が原因の離婚について

お金が原因で離婚を考える夫婦は、多くいらっしゃいます。

 

お金は非常にシビアな問題ですので、これで揉めて修復できなくなり、最終的に離婚に至るというケースは決して珍しくはありません。

 

お金の何が問題であるかというと、よく離婚原因として挙げられるのが、夫の金遣いの荒さや、お金に関して信用をなくしたということです。

 

何に使っているのか分からないほど金遣いが荒かったり、家庭を顧みずにギャンブルに投資しているといった夫と、離婚したいと思う妻は普通だと思います。

 

また、実際にヤミ金から借金をして、怖い体験をしたという妻の方はいらっしゃいます。

 

このようなことが一度でも引き起こされると、離婚の大きな原因となるはずです。

 

「このようなお金が原因の離婚は可能なの?」と質問をされる方がいらっしゃいますが、十分に可能だと思います。

 

夫の金遣いの荒さによって生活が不安定となり、将来のための貯蓄が全くできないというのであれば、婚姻を継続し難い重大な事由の一つと考えられるので、法律で離婚が認められるのです。

 

ただし、裁判になったという場合は、金遣いの荒さなどを示す明確な証拠が必要となります。

 

ただ口で、「お金に原因がある」と答えたとしても、何の意味もありません。

 

客観的に判断できる証拠などを残して、離婚が認められる可能性があるということを覚えておきましょう。

 

とは言え、全ての家庭が裁判に至るというわけではなく、どんなにくだらない離婚原因であったとしても、お互いの承知の上であれば、何も問題はないのです。

 

どちらかが離婚をしたいのにも関わらず、もう片方が離婚を認めないという場合に限り、裁判が行われる可能性があります。

 

もちろん、お金が原因で離婚したいという場合に限った話ではありませんが、まずは夫婦でゆっくりと話し合ってみることをおすすめします。

 

結論を急いだところで何も良い結末は待っていませんし、シビアな問題ですので、時間を掛けて結論を出すのが大事なのです。

 

しかし、話し合いができないという夫婦や、どちらかがコミュニケーションを断るという事態は十分に考えられるため、そのような場合は第三者を挟むのが良いと思われます。

 

話し合いにならないのであれば、一般的には弁護士に相談し、間をとってもらうことが一番なのです。

 

弁護士を雇うとなると、それなりのお金がかかりますが、今後の家族の未来を決める大事なことであるということを把握しておいてください。

仕事が原因の離婚に関するページ