ギャンブルが原因の離婚

 

 

ギャンブルが原因の離婚について

金銭のトラブルが原因で離婚に至るというケースは、決して少なくありません。

 

金銭トラブルの大きな原因となっているのは、夫のギャンブルが一般的で、中には生活費全てをギャンブルに費やし、子供の養育費や家具なども売り飛ばしてギャンブルに身を投じるという方もいらっしゃいます。

 

お小遣いの範囲で、競馬やパチンコを行うという範囲であれば、妻は多少は多めに見てあげるべきです。

 

消費者金融に借りたという場合でも、翌月のお小遣いで全て返せるような範囲でしたら、離婚という大事には発展しないと思います。

 

ギャンブルをすること自体は決して悪いことではなく、趣味の範囲であれば全く問題はないのです。

 

しかし、ギャンブルの度が過ぎて生活費を削らなければならないという事態にまで陥っているのであれば、離婚の大きな原因となると考えられます。

 

また、金銭的なやり繰りをしっかりと行っていたとしても、休みの度にギャンブルに出掛け、子供と遊んだり家族サービスをしたりといったように家庭を顧みないのであれば、これも離婚の原因になると言えるでしょう。

 

夫や妻は家庭を守るために、資産を確保するということが必要となります。

 

しかし、生活費や養育費を入れずに、そのお金を全てギャンブルに使うというのは扶助義務違反に該当するので、法律上は離婚が可能です。

 

「ギャンブルは禁止」という民法上の規定はありませんが、「婚姻を継続しがたい重大な事由」に該当するので、離婚が可能となっております。

 

このような金銭に関わるトラブルは夫婦関係を破綻させることが多く、離婚といった事態を招いてしまいます。

 

とは言え、夫がギャンブルにはまっているというだけで、離婚を決意するのではなく、まずはお互いにゆっくりと話し合うことが大切です。

 

妻は夫にギャンブルを止めるように頼んだり、少しは頻度を落としたりといった相談をするのが良いのではないでしょうか。

 

それでも改善されず、一向に生活費などを使い込んでいるというのであれば、離婚した方が良いと思います。

 

一概にギャンブルをしている夫だけが悪いというわけではなく、なぜはまってしまったのかという理由を突き止める必要があります。

 

もしかしたら、妻にも何らかの原因があるかもしれないのです。

 

以上のように、ギャンブルが原因で離婚をすることは可能となっております。

 

ギャンブルは人を変えてしまう魔物ですので、自分で抑制できる程度に抑えなければなりません。

性格の不一致が原因の離婚に関するページ