性格の不一致が原因の離婚

 

 

性格の不一致が原因の離婚について

性格の不一致ということを離婚の原因に挙げているという方は多くいらっしゃいます。

 

実はこの「性格の不一致」は離婚原因で1位となっており、複雑な原因が絡まっている状態を一言で表してくれるので、非常に便利な言葉には違いありません。

 

離婚の原因のうち、男性の約6割以上、女性の約4割以上の方がこの理由を挙げております。

 

これは様々な意味を含む言葉であり、性格の不一致は有責性が存在しないので、これだけで離婚はできないのです。

 

「性格がすれ違って上手くいかない」「子供の教育方針が違う」「価値観が違う」ということで夫婦の間に溝が入り、愛情が喪失されていくものですが、性格や価値観が異なるというのは人間であれば当たり前のことなので、直接的な離婚の原因にはなりません。

 

もちろん、お互いの同意があれば離婚は可能となっておりますが、どちらかが反対したという場合は、お互いが努力しても修復が不可能な事態に陥り、婚姻の継続が難しいと判断されなければ離婚は認められないのです。

 

確かに、結婚をする前は、お互いの良いところしか見えないことが多く、「愛情があれば何でも乗り越えられる」と思っている方が多いでしょう。

 

この考えが全て間違っているというわけではありませんが、相手の人格を見抜けないまま結婚をすると痛い目を見てしまいます。

 

元々性格が全て一致する男女はこの世にはいないですし、お互いに理解できない部分があってもそこを理解するように努力するのが恋愛で、最終的には結婚という考えに至ります。

 

そして、結婚をして実際に一緒に生活をすると、相手の良いところが見えなくなり、悪いところばかりが目立つようになり、これが少しずつ積み重なって性格の不一致による離婚を決断する方がいらっしゃるのです。

 

結婚をすれば何とかなるだろうと思っている方は多いのですが、それは甘いと思います。

 

付き合っている最中は、自分の本当の姿を見せることで相手に嫌われる可能性があるため、なるべく隠そうとして結婚話を早く進めたいと考えるかもしれません。

 

また、性格の不一致によって嫌われることが怖いと考えるため、相手に合わせているという方も多いはずです。

 

相手のことを好きなうちはそれで特に問題がなかったかもしれませんが、結婚をすると一緒に生活をする時間が長くなり、だんだんと相手に合わせるのが嫌になってきます。

 

これが加速されると性格の不一致となり、離婚に発展してしまうというわけです。

 

何十年一緒にいたとしても、相手の全てを理解するのは不可能なのですが、簡単に結婚を決断するという容易な考えは止めた方が良いでしょう。

性格の不一致が原因の離婚に関するページ