離婚とストレス

 

 

離婚とストレスについて

「離婚は自分が望めばスムーズに行われる」と考えているかもしれませんが、そんなに甘いものではありません。

 

話がこじれれば長引く可能性は十分にありますし、今まで以上にストレスが溜まることもあります。

 

実際に離婚の話し合いによってストレスが溜まり、うつ病といった病気にかかったという方はいらっしゃるのです。

 

表現の仕方によっては、離婚をすればバツイチになり、恋愛を自由に行えるという開放感はあるかもしれませんが、大きなストレスが溜まるということは間違いなく、精神的に弱ることはあります。

 

楽しいや嬉しいといったストレスは、人生に刺激を与えるために、そして人が生きていくためには必要なものなのですが、精神的に負荷がかかるストレスは言うまでもなく、健康被害の大きな原因です。

 

離婚によるストレスの主な症状は、先ほど説明したうつ病に至らないというまでも、気分が落ち込んだり深い喪失感に陥ることがあります。

 

直ぐに離婚できると思っていた場合、話し合いによって何も解決に至らなかったら、どんどん気分は落ち込んでいくはずです。

 

顔を合わせるのも嫌というくらい相手を嫌っていた場合、離婚が成立するまではずっと一緒に生活をしていかなければなりません。

 

これだけでも、精神的なストレスが溜まると言っても過言ではないでしょう。

 

とは言え、このようなマイナスの感情ばかり持ち合わせていたとしても、何の解決にもならないので、まずは自分の気持ちを全てさらけ出すことをおすすめします。

 

子供がいるという家庭では、子供の前では仲の良い夫婦を演じて、なるべく心配をかけないように接すると思います。

 

このような状態が続けば続くほどストレスが溜まるので、一度悲しみや憎しみ、そして不安や孤独といったものを吐き出すことが大切です。

 

夫婦で話し合っている時に全てを吐き出すと、感情的になってしまい、まとまる話もまとまらなくなってしまうので、できる限り何でも話せる友人やカウンセラーに自分の思いをさらけ出した方が良いと思われます。

 

そして、少しでも気分が落ち着いたのであれば、生活環境を少し変えてみたり、スポーツなどをしてリフレッシュしてみてください。

 

「早く離婚に関する話をまとめなければ」と思い、焦れば焦るほどストレスは溜まるものです。

 

焦ったところで良い結果は待っていないので、気楽に考える必要があります。

 

離婚ストレスは辛いものであり、早く抜け出したいと思うかもしれませんが、新たな一歩を踏み出すためには焦ってはいけないのです。

離婚のリスクに関するページ