離婚とシングルマザー

 

 

離婚とシングルマザーの生活について

子供を一人で育てる母親のことをシングルマザーと呼び、離婚をしてなったという方が多いと思われます。

 

その後に再婚をすればシングルマザーではなくなりますが、そのまま一人で育てる家庭は決して少なくありません。

 

母子家庭の平均年収は約230万円であると言われており、全世帯の約4割程度となっております。

 

つまり、無事に離婚をして親権を得たとしても、金銭面での不安は尽きないというわけです。

 

しかも、仕事に就いているシングルマザーの約半分が臨時社員やパートであり、常時雇用は全体の4割程度となっております。

 

母と子の生活を支える上で、非常に厳しい状態であると言えるでしょう。

 

元夫から養育費をもらっている家庭は多いと思われますが、その額は決して高いものではないので、生活の大きな支えとなるような額ではないのです。

 

以上のように、シングルマザーの家庭は経済的に苦しくなることが想定されているため、国から児童扶養手当が支給されています。

 

母親の年収によって決められるのですが、年収が130万円以下であれば、児童1人につき41,720円、第二子は5,000円といった支給が受けられるので、シングルマザーの家庭にとって重要な収入源であることには間違いありません。

 

ただし、これを加算したとしても、生活が苦しいという家庭は少なくなく、児童扶養手当がカットされる可能性もあることから、将来に不安を感じる方が多くなっております。

 

それでも、ストレスを感じながら結婚生活を送るくらいであれば、貧乏でも離婚をして一人で子供を育てたいと考えるのです。

 

また、母子家庭医療費助成というものがあり、国民健康保険や社会保険に加入している母親と子供に対し、入院や通院の負担金が助成されます。

 

これは地区によって決まりが異なっており、1ヶ月1,000円までは自己負担と定めているところもありますが、利用する価値は大いにあります。

 

とは言え、自己申請しなければ助成は受けられないので、忘れずに申請することが大切です。

 

シングルマザーの家庭は父子家庭と比べて、経済的に困難な状況に陥るということも珍しくはないので、上記で説明したように利用できるものは利用するべきなのではないでしょうか。

 

少ない支援制度であったとしても、それが少しずつ積み重なることで家計を助けてくれることは間違いありません。

 

そのため、まずは母子家庭にはどのような優遇制度を利用できるのか、きちんと把握しておくことが大事です。

離婚のリスクに関するページ