離婚のメリット

 

 

協議離婚のメリットについて

夫婦の約9割が話し合いによって行われる協議離婚となっており、これが一番簡単な方法であると言えます。

 

協議離婚の大きなメリットは、夫婦の話し合いのみで決まるため、離婚届けに必要な事柄を記載し、それを提出するだけで良いのです。

 

相手から精神的苦痛や身体的苦痛を受けているという方は、直ぐにでも離婚したいと考えるでしょう。

 

相手が離婚に応じてくれるかは分かりませんが、もし協議離婚が可能であればスピード解決が可能というメリットがあるのです。

 

時間と労力を掛けずに離婚が決まるので、多くの方が協議離婚を選ぶ理由がお分かり頂けるでしょう。

 

また、慰謝料や養育費を夫から請求するという場合、話し合いであれば相場よりも高く受け取れる可能性もあります。

 

調停離婚であれば、様々な要素を考慮して慰謝料や養育費の支払いが決められるのですが、協議離婚では話し合いによって自由に金額を決められるのです。

 

ただし、口約束ですと、後々にお金を支払わないという問題が発生する可能性があるので、離婚協議書や公正証書を作成しておきましょう。

 

強制執行認諾文言が付いた公正証書を用意しておけば、お金の支払いを強制執行させられるので、非常に有効な手段であると言えます。

調停離婚のメリットについて

調停中は夫婦が顔を揃えて話し合いを行うのではなく、別々に調停員と話をしていく形となります。

 

夫婦だけで離婚というシビアな問題についての話をしていると、ついつい感情的になってしまうことがありますが、調停離婚であれば第三者を介することで冷静に話し合いを進めていけるというメリットがあるのです。

 

夫婦だけの話し合いで事件になったというケースは決して少なくはないので、身の安全を考えるのであれば、調停離婚が適しております。

 

それに、双方がきちんと納得するような解決策を掲示してくれるので、自分達では思いつかなかったアイデアも出てくるのです。

 

しかも、調停を申し立てるための理由に制約がなく、強制力があるというメリットがあります。

 

相手方に育児放棄やドメスティック・バイオレンスといった重大な過失があり、離婚に同意してくれないという場合に、離婚と向き合わせる効果があるというわけです。

 

「調停離婚は物凄いお金が取られるのでは?」と不安に思うかもしれませんが、2,000円程度と非常に安くなっております。

 

格安の金額で、公正な離婚の話し合いができるところが大きなメリットであると言えるでしょう。

離婚のリスクに関するページ