離婚と父子家庭

 

 

離婚と父子家庭について

離婚をして小さな子供がいるという場合、多くは母親が子供を引き取ると思っているかもしれませんが、決してそんなことはありません。

 

母親の行動に何か問題があり、それが原因で離婚をしたという場合、父親が子供を引き取って父子家庭となるのです。

 

確かに、離婚が成立した際、母親が子供を引き取るケースが多いのですが、これは子供が生まれてから母親と一緒にいることが多く、父親は働いてお金を稼ぎ家庭を守っているため、育児に関わる機会が少ないからだと言われております。

 

もちろん、逆のパターンの家庭も存在しますが、多くの家庭は父親が働いて母親が育児や家事を行うというケースです。

 

それに、父親が引き取ると、仕事のために育児に費やす時間がないと考えられるため、親権を取得する際に男性は不利となっております。

 

以上のことから、父子家庭よりも母子家庭の方が多いのではないでしょうか。

 

それでも、2005年に行われた国勢調査によると、全国で父子家庭の世帯数は約92,000というデータとなっております。

 

この数字を聞いて多いと思った方は、たくさんいらっしゃるはずです。

 

母子世帯数はその8倍となっておりますが、父子家庭で育つ子供は意外と多いと言えます。

 

母子家庭では、その年収に応じて1ヶ月に最大で4万円ほどの児童扶養手当が支給されるのですが、父子家庭では支給されません。

 

この理由として、父子家庭の場合は収入が十分だからです。

 

それでも、家計を心配している父親は多いのですが、これは子供のことを考えて残業や出張が頻繁にあるような会社では働きづらく、非正規社員として働かなければならないからだと言われております。

 

今までのようにバリバリと仕事をしていれば良いという状況ではないので、収入的に楽というわけではないのです。

離婚で父子家庭となった場合、養育費を請求できるの?

母親が子供を引き取って父親から養育費をもらうというケースは多いのですが、その逆で離婚をして父子家庭となり、元妻から養育費を請求できるのか疑問に思っている方がいらっしゃいます。

 

妻に何らかの原因があって離婚をして、父親が子供を引き取り、父子家庭となったのであれば元妻から養育費を請求することは可能です。

 

ただし、養育費の支払いは収入状況によって変化するので、逆のパターンでも収入がないのにも関わらず、養育費を請求することはできません。

 

とは言え、口約束では全く意味がないので、養育費をきちんと請求したいのであれば、公正証書か調停の調書を利用するべきです。

離婚のリスクに関するページ