離婚と親権

 

 

離婚と親権について

親権とは、未成年である子供を管理する親の責任のことを指し、離婚をして夫婦が別々になるという場合、子供が未成年であれば親権をどちらにするか決める必要があります。

 

協議離婚にしろ調停離婚にしろ、親権を定めなければ離婚は成立しないのです。

 

離婚は二人の同意が得られればスムーズに成立させられるのですが、皆さんが思っている以上に複雑となっており、話し合いが長引くことも十分に考えられます。

 

人によって離婚が成立するまでにかかる時間は異なるので、一概に説明することはできませんが、協議離婚で1年間以上に渡って話し合いが続いたという夫婦も少なくはないのです。

 

離婚には慰謝料や財産分与といったお金の問題がありますが、親権争いも協議離婚を長引かせる要素の一つで、どちらかが妥協しない限り、いつまで経っても話し合いが終わらないという可能性はあります。

 

これらの問題をきちんと解決させなければ、スッキリと別れることはできません。

 

とは言え、親であればどちらも子供のことを愛しているでしょうし、親権を妥協するということは考えにくいと言えます。

 

早く離婚を成立させたいが故に、取りあえず親権者を夫にしておき、その後に子供のことを考えようと思っている方がいらっしゃるかもしれませんが、親権者の変更手続きには家庭裁判所の許可が必要で、かなり面倒なのです。

 

そのため、離婚を成立させる前に、親権者を決める必要があります。

 

夫婦の話し合いで親権者が決まらないという場合は、第三者を介して話し合いを行う調停が家庭裁判所で行われます。

 

一般的には母親が親権を得ることが多いのですが、家庭裁判所では、双方の経済状況や態度、そして子供に対する愛情を考慮して、どちらが親権者として相応しいか決めていくのです。

 

子供がある程度成長すれば、その子供の意思を重要視することが多いのですが、自分にとってどちらが親権を持っていた方が得なのか判断するのは難しいですし、子供が幼いという場合は本人に意見を求めることはできません。

 

なぜ母親が親権者となりやすいかというと、父親は仕事で育児に費やす時間がないと見られてしまうからです。

 

この傾向は子供が小さければ小さいほど強く、母親が有利であることは間違いないでしょう。

 

また、子供を引き取る際に戸籍上の権利である親権は重要なのですが、同時に一緒に暮らせる権利である監護権を取ることも忘れないでください。

 

基本的に親権者が受け持つことが多いので、そこまで心配する必要はないかもしれません。

離婚に関する問題点に関するページ