離婚と面会

 

 

離婚と面会について

離婚をして別々に暮らすことになったとしても、子供に面会したいと考える親は普通です。

 

親の事情で離婚をしたとしても、自分の子供であることには変わりないので、面会をしたいと思うのではないでしょうか。

 

このように、離婚後に親権を獲得できなかった方が、子供と面会したり一緒に時間を過ごすことを面接交渉と呼びます。

 

父親や母親が子供と連絡をとって接触をすることは自然な流れですので、面接交渉権は裁判上認められているのです。

 

とは言え、離婚時に定めた面会の規定を守っている方と守っていない方がおり、夫婦の間で新たな取り決めが行われることも決して少なくはありません。

 

中には、離婚の話し合いをしている最中に妻が子供を連れて実家に帰ってしまい、子供と合わせないようにする方がいらっしゃいますが、夫には子供と接する権利があるので、離婚成立の前後を問わず、家庭裁判所に面接交渉の申し立てができる権利があります。

離婚をして相手からの面会を拒否できる?

「離婚をして相手から子供と面会したいという要求があった場合拒否できるの?」という質問をされる方がいらっしゃいます。

 

基本的に面接交渉権は誰にでも与えられているので、子供との面会は拒否できないのですが、子供が嫌がっている場合や、明らかに子供に悪影響が出るという場合は、面接交渉権の制限が可能です。

 

一番に考えるべきことは、子供の利益と子供の福祉ですので、それに反するようであれば面会を断れるというのは自然な流れなのではないでしょうか。

 

例えば、離婚して別れた夫が再婚したという場合、子供の意思を尊重して面会が実行されるのですが、再婚相手との子供がいた場合、元妻との子供の精神状態を考えると、自宅で面会させるのは無理があります。

 

そのため、夫からの面会を拒否できるというわけです。

離婚をした後の子供の面会頻度はどのくらい?

離婚をした後、親権者又は監護者にならなかった者は、定期的に子供と面会をする権利が与えられるのですが、その頻度は夫婦によって異なります。

 

多くの場合は離婚時に定めることが多いのですが、必ずしも守らなければならないという規制はないため、うやむやになっているという家庭も多いのです。

 

頻度に制限はないのですが、子供が会いたいと言わなかったり、夫からの要求がないという場合は、無理をして面会させる必要はないと思います。

 

ただし、夫側に特別な理由がないという限り、面会を拒否できないので十分に気をつけてください。

離婚に関する問題点に関するページ