離婚と住宅ローン

 

 

離婚と住宅ローンの返済について

結婚をして住宅ローンを組んでマイホームを手に入れたは良いが、お互いにすれ違いが生じて離婚しなければならなくなったという夫婦は少なくないと思われます。

 

これはケースによって異なり、これまでの家に住み続けたいという方がいれば、売却したいという方もいらっしゃるでしょう。

 

どちらにしても、離婚の際の住宅ローンに関しては、非常にトラブルが引き起こされやすくなっているので、住まいの権利関係はきちんと把握しておく必要があります。

 

さて、離婚の際の住宅ローンに関する問題の解決方法として、最もシンプルなのが不動産を売却し、その利益で住宅ローンを支払ってしまうというものです。

 

もし、利益が余ったのであれば、財産分与に基づいて二人で残りの利益を分け合う形となります。

 

また、夫がその家に住み続け、不動産名義も住宅ローンの名義も夫のまま変更しないという選択をする方もいらっしゃいます。

 

この方法でも銀行的に大きな問題はなく、財産分与に関しては不動産の時価からローン残高を差し引いたものを対象にすれば良いのです。

 

とは言え、家族で住むために購入したマイホームをこれからも夫一人で住み続け、さらに一人で返済していかなければならないことを考えると、かなり大きな負担がかかると予想されます。

 

そのため、今後の人生設計を考慮した上で、判断するのが良いのではないでしょうか。

 

中には、夫名義でそのマンションに妻と子供が住み続けるという方もいらっしゃいます。

 

例えば、夫から離婚をしたいと言い出した際、これからもマンションに住み続けたいという交換条件を出すことで、離婚が成立するというケースは考えられるのです。

 

ただし、元夫が住宅ローンを滞納し、競売開始決定通知が届くという可能性は十分にあるため、その場合は対策を急ぐ必要があります。

離婚をして住宅ローンの連帯保証人を変更できるの?

家族でマンションを購入する際、妻が連帯保証人となるケースはあります。

 

しかし、離婚をして夫がその家に住み続けるという場合、妻は連帯保証人を解除したいと考えるはずです。

 

もし、夫の事情で住宅ローンが支払えない状況に至った場合、銀行は妻に請求します。

 

言い方は悪いかもしれませんが、銀行にとって両者の婚姻関係はどうでも良く、保証契約は影響を受けないのです。

 

そこで、連帯保証人を解除するのが普通なのですが、その場合は銀行に直接出向き、連帯保証人を外して欲しいという旨を伝えてください。

 

窓口の担当者によって対応は変わると思われますが、そのまま放置するのは危険ですので、自分で動いてみることが大切です。

離婚に関する問題点に関するページ