病気が原因の離婚

 

 

病気が原因の離婚について

相手が病気になったというだけで離婚を考えるという方は非常に少ないと思われますが、病気が離婚問題の大きな原因になる可能性はあります。

 

中でも、付き合っている時に隠していた病気があり、それが結婚をした後にバレたという場合は、スピード離婚になるということも決して少なくはありません。

 

病気が原因の離婚はケースバイケースなので、一概に説明することはできないのですが、外科的な障害の場合は認められないことが多くなっております。

 

骨折をして入院することになったというだけで、離婚を考える方はいらっしゃらないでしょう。

 

しかし、配偶者が寝たきりになったという場合は非常に難しく、看病しきれないということで離婚を考えることもあるでしょう。

 

配偶者がただ寝たきりになっただけで離婚したいという訴訟は認められていませんが、長期的に渡って看病をし続け、それによって自分も疲れ果てて何か重い病気にかかったということであれば、認められる可能性はあります。

 

また、離婚問題に発展しやすいのは、精神病であると言われております。

 

法定離婚原因の一つとして、重度で回復の見込みがない精神病が挙げられるので、配偶者に何か重い疾患が引き起こされ、薬などで症状を抑えることができず、凶暴になるということで身の危険を感じるという場合は、法律で規制する権利はないので、離婚することはできるのです。

 

ただし、薬やリハビリによって回復の見込みがある精神病や病気であれば、それを原因にして離婚はできません。

 

最も判断が難しいという病気はうつ病で、離婚原因になる場合があれば、ならない場合もあります。

 

一家の稼ぎ頭である夫がうつ病となり、働くことができず生活費が入らないという場合は、妻の請求に対して離婚を認めることが多いのですが、専業主婦がうつ病になったという場合、その症状の程度にもよるのですが、夫からの離婚が認められないことが多くなっているのです。

 

「これは男女差別だ」と考える方がいらっしゃいますが、夫からの離婚請求よりも妻からの離婚請求の方が認められる可能性が高いという特徴があります。

 

以上のように、病気が原因の離婚は、ケースによって異なるということがお分かり頂けたでしょう。

 

とは言え、どちらかが病気になったからといって離婚するのは、多くの方にとって罪悪感となるはずです。

 

まずは、お互いの将来のことをしっかりと考え、夫婦で協力するという姿勢が大事だと思われます。

身体が原因の離婚に関するページ