暴力が原因の離婚

 

 

暴力が原因の離婚について

暴力は、離婚の大きな原因となると言われております。

 

配偶者が暴力を振るうことを離婚原因とし、調停や裁判が行われるケースは非常に多くなっているのです。

 

暴力は離婚の原因となるだけではなく、不法行為にあたるので、慰謝料の請求も可能となっております。

 

民法上では、暴力行為が離婚原因となると規定されておりませんが、被害者は身体や心に大きな被害を被ることになるので、「婚姻を継続しがたい重大な理由がある」という民法上の規定に該当し、離婚が認められるのです。

 

暴力は決して正当行為ではないので、離婚が認められないということはないでしょう。

 

さて、暴力と一口に言っても、身体的な暴力・性的暴力・経済的暴力・社会的隔離といったものが挙げられます。

 

これらの行為全てをDV(ドメスティックバイオレンス)と呼び、離婚の大きな原因となるのです。

 

裁判の際に相手方が暴力の事実を認めないという場合は、それを裏付けるような証拠が必要となります。

 

医師による診断書や、写真で傷害結果が一目で分かるようなものがあれば、十分な証拠となるのです。

 

このようなドメスティックバイオレンスは非常に大きな問題で、家庭内暴力で苦しむ人を助けるために、平成13年に新しい法律が規定されました。

 

この法律によって配偶者暴力相談支援センターというものが設立され、被害で苦しむ方を保護したり、心理的な指導を行ってくれるのです。

 

ドメスティックバイオレンスは、物理的に暴力を与えたり、脅したりといった精神的な虐待だけではなく、経済的な暴力も問題となっております。

 

「生活費を与えない」「計画なく借金を繰り返す」「家庭の収入について何も教えない」といった問題もドメスティックバイオレンスの一つなのです。

 

また、親戚や友人と会わないように隔離したり、外出を妨害するといった社会的隔離も大きな問題となっております。

 

直接的に危害を加えないとしても、精神的に負荷を加えたり、徹底的に感情や行動を支配することでの自己満足を得るというような状況もドメスティックバイオレンスなので、離婚の大きな原因となっているわけです。

 

実際に大きな怪我が引き起こされたわけではなくとも、頻繁に暴力を振るわれていたという事実があれば、離婚原因になります。

 

たとえどんな理由があったとしても暴力を振るうのは許されないことであり、特に弱者に対して暴力で威嚇をするのは持っての他だと言えるのではないでしょうか。

身体が原因の離婚に関するページ