掃除が原因の離婚

 

 

掃除が原因の離婚について

掃除が原因で離婚をする家庭があるのは馬鹿らしく思うかもしれませんが、実際に夫が掃除をしないことで離婚に至った夫婦はいらっしゃいます。

 

このような夫の多くは、掃除は妻がやって当たり前だと思っているのです。

 

結婚して二人で生活していくのであれば、お互いに協力し合わなければならない義務があるので、夫は仕事が忙しいという理由で掃除をしなくても良いというわけではありません。

 

もちろん、妻が専業主婦ならば、基本的には妻が掃除をこなすものですが、夫もできる範囲で協力する必要があります。

 

人間には人それぞれ拘るところと拘らないところがあり、夫婦の相性はそれがある程度合っているかどうかで決まります。

 

価値観が全く一緒である二人は存在しませんが、少しでも共通部分があるのであれば、夫婦として長くやっていけるのです。

 

とは言っても、一緒に夫婦生活を送っていくうちに、掃除の頻度に関することや掃除の仕方に関することで意見が食い違う可能性は十分にあり得ます。

 

このような細かいところまで一緒の夫婦は、この世に存在しないのではないでしょうか。

 

このような些細な言い合いが溝となり、それがだんだんと深まることで離婚に至ってしまいます。

 

もし、妻が夫に掃除を手伝ってもらいたいのであれば、誰でもできるようなことを頼むべきです。

 

「仕事で疲れている」ということで断る夫はいらっしゃいますが、妻の大変さをきちんと理解し、少しでも手伝おうというする姿勢が必要となります。

 

家事は仕事とは違って休日は一切ありませんし、掃除だけではなく育児や洗濯といったように、しなければならないことはたくさんあります。

 

それに加えて、夫が帰ってくるまでに食事を用意して、子供がいるという家庭は送り迎えなども必要です。

 

このような毎日を送っていて、疲れないという女性の方はいらっしゃいません。

 

そのような状態であるのにも関わらず、夫が掃除を全く手伝わず、休日に家でゴロゴロとしていると、腹が立つのは不思議ではないと思われます。

 

これだけの理由で離婚が裁判で認められるかは難しいところなのですが、夫が掃除といった家事を全く手伝わないということは悪意の遺棄に当たるので、夫婦で協力しなければならないという義務に違反しているのです。

 

離婚による裁判は色々なケースが考えられるので、一概には説明できませんが、掃除といった家事は夫婦で協力して行っていかなければならないと言えるでしょう。

家事が原因の離婚に関するページ