育児が原因の離婚

 

 

育児が原因の離婚について

結婚し、家庭生活をしていく中で、育児を全くせず仕事ばかりしている夫が多くなっており、これが原因となって離婚を考える妻は決して少なくはありません。

 

確かに、育児は男性が思っている以上に辛いものであり、その育児の辛さを夫が分かってくれないと、離婚したいと思うのは決して不思議ではないでしょう。

 

「給料で家計を助けているのだから育児をする必要がない」と考えている夫はいらっしゃるのですが、給料だけで親の義務が果たせるわけではないということを頭に入れておく必要があります。

 

平日の昼間に子供の面倒が見れなかったり、夜遅くに帰ってきた時は子供の顔も見れないということはあると思われますが、それでも休日に子供をお風呂に入れてあげたり、オムツを替えてあげたりといった育児の手伝いはできるはずです。

 

これは、夫婦協力義務の一つですので、妻ばかりに任せるのではなく、夫も何らかの協力をする必要があります。

 

実際に、夫が育児に協力的ではないということで、妻が育児に疲れてしまい、ノイローゼに陥るということも決して少なくはありません。

 

育児の辛さは経験した方にしか分からないので、夫は育児は妻がやるものと決め付けてはいけないと思います。

 

このような生活が続いていると、夫婦関係が壊れて離婚の大きな原因となってしまうのです。

 

とは言え、育児放棄を離婚理由にして裁判で争った場合、「子供の父親は母親と同じように愛情を持てるわけではない」という観点から、離婚原因として認められないという場合があります。

 

もちろん、仕事も育児もせずといった非協力的な夫であれば、離婚は認められると思われますが、育児放棄だけを離婚の原因にすることはできないのです。

 

夫が毎日夜遅くまで仕事をしており、お金という面で家計を助けているという場合、育児に協力的ではなくても悪意がないということから裁判では離婚が認められていないというわけです。

 

しかし、このような原因で離婚を考えたり、実際に夫婦関係が破綻するという方は、子育てに対する理解がないからでしょう。

 

育児は仕事は違って時間やノルマというものは存在せず、子供の都合で行っていく必要があります。

 

24時間無休で子供の世話をしている妻は、男性が思っている以上に疲れ果ててしまうのです。

 

そのため、育児をしている妻に対して労りの気持ちを表したり、できることを手伝おうとするだけで、大きな負担から解放されるので離婚に至るということはなくなります。

家事が原因の離婚に関するページ