家事が原因の離婚

 

 

家事をしない夫が原因で離婚しようとしている方へ

結婚生活をしていく上で、夫婦には協力義務があるので、掃除や洗濯といった家事に関しても協力して行っていく必要があります。

 

「妻が家事をやるもの」と思っている男性の方がいらっしゃるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

 

妻が専業主婦であれば、家事を行うのは基本的に妻だと思われますが、最近では共働きの夫婦が多く、このような場合は家事を妻に任せきりにするのは良くないと思います。

 

働いている時間や収入は違えど、仕事をしているということには変わりないので、夫は妻を助けるために自分のできる範囲で家事を手伝うべきです。

 

しかし、妻のことを配慮せずに、家事をしない夫が嫌になって、離婚を言い出す方が増えております。

 

確かに、仕事をしながら家事と育児をこなし、生活を行っていくのは男性が想像する以上に辛いものです。

 

多くの夫婦は夫に何らかの不満があったとしても、上手く利用したり、役割分担をして家事をしていると思われますが、中には全く家事をしないという夫がいらっしゃいます。

 

「なぜ自分だけがこんなに辛い思いをしなければならないのか?」と考える妻の気持ちは十分に分かります。

 

場合にもよるので何とも言えませんが、家事の放棄は夫婦の協力義務を行っていないということに繋がり、限度を超えれば法定離婚原因である「悪意の遺棄」に該当するのです。

 

そのような夫から慰謝料をとれるかどうかは分かりませんが、離婚を認められるケースは多いと言えるでしょう。

 

もちろん、現代では専業主夫の方もいらっしゃるので、逆のパターンも十分に考えられます。

 

夫が家で家事を行っているのに対し、妻が全く家事をしないということはあり得るのです。

 

とは言え、妻の収入で家計が成り立っているのであれば、ある程度の家事は専業主夫である夫がこなさなければなりません。

 

それができないのであれば、働いてお金を稼ぎ、家計の助けをする必要があります。

 

どちらの場合にしても、家事の分担に関しては夫婦で相談して決めることが大切です。

 

「どちらかがやれば良い」という考えは間違っていますし、離婚の大きな原因となります。

 

風呂掃除や子供の送り迎えなど、仕事をしながらでもできることはあるので、自分のできる範囲で家事を行い、妻を助けてあげるという姿勢が大事なのではないでしょうか。

 

お互いにできる部分とできない部分があるのは仕方ないので、それをいかに助け合うかが重要なのです。

家事が原因の離婚に関するページ