離婚による慰謝料の相場

 

 

離婚による慰謝料の相場について

離婚による慰謝料の相場がどのくらいなのか、気になるという方はいらっしゃるのではないでしょうか。

 

確かに、精神的な苦痛を与えた者からどれほどのお金をもらえるのかは気になるはずです。

 

しかし、慰謝料は離婚の原因や程度によって異なるので、財産分与のように必ずもらえるわけではありません。

 

もし、慰謝料を請求する側にも何かしらの問題があったという場合は、慰謝料を請求することができないのです。

 

明確な算定方法や基準はないのですが、裁判では「精神的苦痛の度合い」「養育が必要な子供の数」「精神的苦痛の期間」「支払う側の経済力」によって決められます。

 

慰謝料を1億もらいたいと思っていたとしても、支払える財力には限りがあるので、それほどの慰謝料の請求は不可能というわけです。

 

一般的にサラリーマンの家庭ですと、慰謝料の相場は100万円〜500万円となっております。

 

この金額を聞いて、安いと思った方も高いと思った方もいらっしゃるはずです。

 

あくまでもこの金額は目安ですが、婚姻が1年以内という場合や、性格の不一致が原因で離婚となり、請求する側にも問題があると慰謝料は安くなりますし、全くもらえないということも少なくはありません。

 

離婚を申し立てれば何が何でも慰謝料をもらえると思っている方がいらっしゃいますが、そのようなわけではないことを頭に入れておきましょう。

 

さて、次に行われた精神的苦痛別の慰謝料の相場をみていきます。

 

浮気といった不貞によって離婚に至ったというケースの相場は、100万円〜500万円です。

 

この場合も、不貞の回数や期間、そして不貞によってショックとなり、うつ病といった病気にかかったということを考慮して、慰謝料の金額が決められます。

 

しかし、いくら有利になるような証拠を提出したとしても、先ほど説明したように支払額には限度があるので、お望みの慰謝料をもらえない場合もあるのです。

 

次に、ドメスティック・バイオレンスによる離婚ですが、この場合の慰謝料の相場は50万円〜500万円となっております。

 

低いと感じた方はいらっしゃると思われますが、ドメスティック・バイオレンスが長く継続したり、どの程度の暴力が振るわれていたかで金額が異なるのです。

 

離婚原因がドメスティック・バイオレンスの場合、暴力を受けていた被害者は「慰謝料をもらえなくても離婚できるなら良い」と考える方が多いのですが、それだけの苦痛を味わってきたのですから、きちんともらわなければなりません。

離婚による慰謝料に関するページ