離婚による慰謝料の計算

 

 

離婚による慰謝料の計算について

離婚による慰謝料は、特に決まりがあるというわけではありません。

 

パターンによって変化するものですし、色々な要素を考慮し慰謝料が計算されるのです。

 

離婚によって精神的苦痛や肉体的苦痛を与えたという場合に支払われるのが慰謝料ですが、裁判では離婚の原因となった当事者の誠意、婚姻生活の長さ、当事者の年齢や収入、離婚後の生活といったように、色々な要素を考えて計算されます。

 

とは言え、某弁護士会が裁判での基準を元に慰謝料の計算方法を提案しております。

 

その計算式によると慰謝料は、「基本的な慰謝料120万+相手の年収の3%×婚姻年数(最高で20)]×有責度×調整係数=離婚自体慰謝料」です。

 

有責度は、0,2〜1,0の幅があり、一方的に相手が悪いという度合いに合わせて算出されます。

 

もし、慰謝料をもらう側にも何らかの問題があったと仮定するのであれば、この有責度が小さくなるというわけです。

 

仮に、慰謝料を請求する側にも、請求される側と同じように非があるという場合、有責度はゼロとなるので、慰謝料の発生が行われないという仕組みです。

 

調整係数は、結婚後の生活の困難さを指すもので、全く就職の経験がない専業主婦の場合は1,3となり、夫と同額程度の給料をもらっていたという場合は、0,7という数字が当てはめられます。

 

これは実際の法律によって決められた計算方法ではないので、あくまで参考程度に考えてください。

 

婚姻年数によっても変化するのが慰謝料ですので、具体的な額は分からないのですが、一般的に浮気などの不貞行為であれば120万円〜240万円、ドメスティック・バイオレンスであれば60万円〜120万円、悪意の遺棄であれば60万円〜240万円となっております。

 

ドメスティック・バイオレンスが行われており、妻が思いもよらないような大きな怪我をしたという場合は、当然のことながら慰謝料の額も上がるのです。

 

さて、慰謝料は一度にもらいたいという方が多いと思われますが、当事者に支払い能力がないという場合は、分割にすることも可能となっております。

 

「分割払いだと、滞ってしまうのではないか?」と不安に思う方はいらっしゃると思いますが、そのような時は公正証書の離婚協議書できちんと約束しておくべきです。

 

そうすれば、将来的に支払いが滞ったという時に、強制的に支払わせる力があります。

 

離婚による慰謝料の請求は、離婚の届出をしてから3年以内と定められているので、早めに取り決めを行うようにしましょう。

離婚による慰謝料に関するページ