離婚による慰謝料

 

 

離婚による慰謝料について

慰謝料とは、精神的苦痛を与えた者に対して支払いを行う賠償制度のことを指し、離婚において慰謝料が支払われるというケースは決して少なくはありません。

 

夫から妻に支払われることが多いというイメージがありますが、その逆のパターンもあり、妻が夫に対して精神的苦痛を与え、離婚に至ったという場合は、妻から慰謝料を請求できます。

 

簡単に説明すると、慰謝料は精神的苦痛や肉体的苦痛を与えた方が、その謝罪としてお金を支払うことを指し、それで埋め合わせを行うのです。

 

もちろん、お金で全ての問題が片付けられるというわけではありませんが、離婚後に待ち受けているであろう経済的自立といったことを考慮すると、お金が苦痛を和らげてくれます。

 

例えば、夫が暴力を振るって妻を怪我させたり、浮気をして明らかに離婚の原因となったという場合、その配偶者に対して慰謝料を支払わなければならないのです。

 

とは言え、このように原因が明確となっている離婚ではなく、性格の不一致や他の親戚との仲が悪いということで離婚をした場合、どちらに責任があるのか難しいことがあります。

 

それに、そのきっかけを作ったのが、慰謝料を請求する側の可能性は十分に考えられるので、慰謝料の請求が行われない場合も当然あるのです。

 

離婚をした際に財産分与の請求は確実にできるのですが、どちらにも同程度の責任があるという場合は、お互いに慰謝料を請求することができません。

 

裁判所の和解などでは、早く離婚を成立させたい側から解決金という名目で一時的に支払うことが多くなっております。

 

そのため、精神的な苦痛を受けたとしても、受けた側に問題があるという場合は、慰謝料を請求することはできないので、十分に注意してください。

 

さて、慰謝料でどの程度の金額をもらえるのか気になる方はいらっしゃると思いますが、浮気が原因で100万円、暴力が行われていたのであれば200万円といったように決まっているわけではなく、慰謝料の算出はケースバイケースになっております。

 

法律で定められているというわけではありませんが、慰謝料の相場というものは存在するので、それを参考にして考えるのが良いのではないでしょうか。

 

普通のサラリーマンの場合ですと、200万円〜500万円が一般的です。

 

ただし、慰謝料の請求は時効が3年となっており、その期間を過ぎてからの請求は全て無効となるので、注意しなければなりません。

離婚による慰謝料に関するページ