離婚届けの書き方

 

 

離婚届けの書き方について

離婚届けの書き方は、手順に沿って記入するだけですので、そこまで難しいことはないかもしれませんが、正しい書き方をしっかりと把握しておく必要があります。

 

まず、氏名ですが、これは旧姓ではなく婚姻中の氏名で書いてください。生年月日も略さずにきちんと記入していきます。

 

住所は住民票に記載されているものを記入し、これも同じように略さずに記入しなければなりません。

 

離婚した後の住所が決まっているという方は、新しい住所を記入します。

 

そして、忘れてはならないのが押印で、これがなければ離婚届けが受理されないので、結婚中の氏名と一緒に押印します。

 

インターネットで検索すると、離婚届けの書き方のマニュアルが載っているサイトがあるので、これを参考にするのも良いでしょう。

 

とは言え、せっかく離婚届けを提出しても、書類に不備があると再提出しなければならないので、非常に面倒です。

 

そこで、ここでは離婚届の書き方で注意したいポイントについてまとめているので、記入する前に参照してみてください。

夫婦で事前に決めたことを整理しよう

まずは、夫婦で事前に決めたことを整理する必要があります。

 

「離婚した後の戸籍はどうするのか」「子供の親権はどちらにするのか」「未成年者の子供の名前はどうするのか」「養育費の分担はどのようにするのか」といった内容を把握してください。

 

これは離婚届に記入する一例ですが、非常に大切なことですので、実際に離婚届に記入する前に把握しておかなければなりません。

協議離婚の場合は証人を用意しよう

協議離婚の場合は、20歳以上の証人を用意しなければなりません。

 

証人は2名必要となり、住所や生年月日、本籍地を記入し、押印も必要です。

 

夫婦に証人になってもらうことも可能ですが、その場合は異なる印鑑でなければならないので注意してください。

修正液を使用しないようにしよう

これは多くの方が把握していることかもしれませんが、内容を訂正したいという場合は、修正液を利用するのではなく、ボールペンで二重線を引き、横に訂正印を押します。

 

あまりにも間違った箇所が多いという場合は、面倒かもしれませんが新しく書き直した方が良いかもしれません。

 

再提出になってしまっては同じことですので、綺麗にボールペンで書き直していくしかないでしょう。

 

このような事態を少しでも防ぐために、最初に他の紙に離婚届けの内容を記載し、それを参照しながら記入していくのがベストです。

離婚に必要なものに関するページ