離婚の時期

 

 

離婚の時期について

「離婚に適した時期はあるの?」という質問をする方がいらっしゃいますが、特に決まっているというわけではありません。

 

馬が合わないからといって、直ぐに離婚を決断するのは良くありませんが、離婚に適した時期というものはないと頭に入れておいてください。

 

子供がいると、「子供が結婚するまで離婚をしない方が良い」「子供の義務教育が終わるまで離婚しない方が良い」という意見がありますが、どの時期でも正解も不正解もないと思います。

 

子供のことを一番に考えるのであれば、離婚をせずに結婚生活は今まで通り続けていくことですが、是が非でも離婚という選択肢を選ばないということが正解であるとは限らないのです。

 

例えば、子供の前で暴言を吐くような親がいたとしたら、直ぐにでも別れて子供の将来のことを考えるべきだと思います。

 

子供は小さくても、親から言われたことを覚えていますし、ショックなことを言われたとしたら、それが将来のトラウマになるという可能性は十分にあり得るのです。

 

このような家庭の場合、離婚の時期は今すぐの方が適しているのではないでしょうか。

 

しかし、離婚にはお金を貯めたり、今後の生活のことを考えたりと、皆さんが思っている以上に準備が大変ですので、そのような準備を怠って相手に離婚のことを告げると、不利な立場に立たされてしまいます。

 

例えば、夫婦で築き上げた貯金や財産は2人で分与するという決まりがあるのですが、家庭の共有財産を把握せずに離婚を告げると、相手に隠されてしまう可能性があるのです。

 

特に専業主婦の場合は、実家に住むという選択肢があるかもしれませんが、基本的には離婚をすれば一人になるわけですから、きちんと生活費を確保する必要があります。

 

そのため、財産分与でもらえるお金というのは、かなり大事なのです。

 

以上のように、離婚の準備に思わぬ時間がかかることが考えられるので、離婚の時期はその準備が終わってからの方が良いと思われます。

 

とは言え、いつか決断をしなければ、ズルズルと時間だけが過ぎてしまい、人生を棒に振ってしまうかもしれないので、覚悟を決める時期は必要です。

 

そこで、「次にパートナーが暴力を振るったら」「会話が完全になくなったら」「自分のお金が○○○万円溜まったら」といったように、自分の中で離婚の時期を設定しましょう。

 

離婚が最善の方法ではないかもしれませんが、離婚をしたことで今の幸せを得られたという方はたくさんいらっしゃるのです。

離婚に必要なものに関するページ