離婚の最多回数はどのくらいなの?

 

 

離婚の最多回数はどのくらいなの?

離婚の最多回数は50回と言われており、鈴木トラさんが持っている記録です。

 

離婚は自慢できる話ではないので記録と言って良いのか微妙かもしれませんが、結婚と離婚を繰り返して50回というのは正直に凄いと思います。

 

「恥ずかしいから嫌」という理由でギネス記録には乗っていないようですが、間違いなく世界的に見て最多の回数なのは間違いありません。

 

彼女は恋愛の達人として多くの著書を出しているものの、結婚まで持っていくのは上手でもそこからの生活は上手くいっていないのです。

 

「離婚の最多回数を目指したい」という人は中々あらわれるものではありませんし、手続きは非常に面倒なのでこのまま鈴木トラさんの記録は抜かれないと考えられます。

 

もっと身近な芸能人に焦点を当てて離婚の回数が多い方に焦点を当ててみると下記のようになりました。

 

 

1位:藤圭子さん(結婚7回、離婚7回)

2位:角川春樹さん(結婚6回、離婚5回)

3位:林下清志さん(結婚5回、離婚5回)

4位:木村祐一さん(結婚4回、離婚3回)

4位タイ:玉置浩二さん(結婚4回、離婚3回)

4位タイ:六角精児さん(結婚4回、離婚3回)

 

 

こうしてみると、お金を持っている芸能人や有名人でも、結婚や離婚を繰り返していることがお分かり頂けるはずです。

 

誰も離婚の最多回数を目指しているわけではなく、本当に好きになった人と一緒になろうと考えているはずですが、それぞれの問題が発生して離婚に至っております。

 

このことからも結婚で大事なのはお金ではなく、お互いの気持ちだと個人的に感じました。

 

どんなにお金を持っていても合わなければ結婚生活を長く続けることはできませんし、お金がなくて貧乏でも上手くやり繰りして幸せな家庭を築けている夫婦はいらっしゃいます。

 

また、少々別の話になりますが、韓国では離婚の4分の1が熟年離婚だとデータが出ており、3万3140組とその数は史上最多だとニュースになりました。

 

「何で年齢を重ねてから離婚をするの?」「もっと若いうちに離婚すれば良かったのではないか?」と考える方は多いかもしれません。

 

実は韓国だけではなく日本でも熟年離婚の数は以前と比べて増えており、「離婚は恥」という社会概念が変化したためだと考えられます。

 

今や離婚するのは珍しいことではなくなりましたし、老後の生活を楽しむためにも離婚という選択肢を取る熟年夫婦が多いのです。

 

どのような理由にしても今後の人生を決める重要なことなので、きちんと話し合うようにしましょう。

離婚の疑問点に関するページ