離婚で相手が応じない時は?

 

 

離婚で相手が応じない時はどうすれば良いの?

「離婚で相手が応じない時はどうすれば良いの?」という質問をされる方がいらっしゃいますが、結婚と同じように、離婚も相手との同意がなければすることはできません。

 

そのため、いくら自分が離婚したいからといって、勝手に手続きを進めることはできないのです。

 

「確実に離婚ができる方法を知りたい」という方がいらっしゃるのですが、そのような方法はないと思ってください。

 

もちろん、相手が応じてくれれば、何も面倒な裁判を行わなくても離婚はできますが、そうではないという場合は離婚裁判を行う必要があります。

 

相手の意に反してでもどうしても離婚したいというのであれば、離婚訴訟を起こし、判決をもらうしかないのです。

 

実際のところ、話し合いで解決するという夫婦だけではなく、揉め事に発展するというケースも決して少なくはないため、離婚裁判というものがあります。

 

とは言っても、いきなり離婚訴訟を起こすというのではなく、まずは家庭裁判所に調停を申し立てます。

 

ここで、慰謝料や養育費は必要ないから離婚したいと主張したとして、相手方がそれに応じなかったら調停は不成立となり、離婚訴訟を起こすことになるのです。

 

もちろん、お分かりかとは思われますが、いくら離婚したいという気持ちが強くても、裁判で離婚できないというケースも十分に考えられます。

 

例えば、「性格が合わないから離婚したい」と訴えている方はいらっしゃるのですが、これは法定離婚原因とはならないので、このような理由での離婚は認められていないのです。

 

相手が応じれば離婚は成立しますが、相手が応じない時はそのまま婚姻生活を続けていく必要があります。

 

裁判で離婚が認められるのは、どちらかに不貞行為があった場合や、3年以上生死が確認できない時、また回復の見込みがない精神病にかかり、長期間に渡って看病を行った時です。

 

更に、婚姻を継続するのに、困難な事柄があるという場合も離婚が認められております。

 

例えば、夫から暴力にあい、妻や子供が怪我をしたという場合は、婚姻を継続し難い重大な事由に当てはまるので、離婚が可能です。

 

このような環境で婚姻を継続しなければならない妻や子供の身の安全を考えると、離婚をした方が良いというのは誰の目にも見て分かるでしょう。

 

このように、裁判で認められれば離婚は可能ですが、自分の思いが強くても離婚できるとは限らないので、十分に気をつけてください。

離婚の疑問点に関するページ