離婚の切り出し方は?

 

 

離婚の切り出し方は?

離婚の上手な切り出し方を知りたいという方は、非常に多くいらっしゃいます。

 

実際に離婚を切り出したことで、相手が逆上し、事件にまで発展したというケースは決して珍しくはありません。

 

普段は温厚な方であっても、離婚は非常にデリケートな問題ですので、思わぬ行動を取ってしまうという方もいるのです。

 

そこで、まずは離婚話をする時は、感情的にならずに落ち着いて話す必要があります。

 

離婚話を切り出した途端、相手が怒ってしまうかもしれませんが、あくまでも自分は冷静に対処することが大切です。

 

具体的には、「以前から離婚を考えていたから、落ち着いて今後のことについて話していかない?」といった感じで良いのではないでしょうか。

 

そして、相手を侮辱するようなことは言わず、わざとらしくない程度に褒め言葉を交えるのが効果的となっております。

 

相手の悪いところばかりを伝えてしまうと、逆上する可能性があるのです。

 

昨日まではごく当たり前のように暮らしていた夫婦が、加害者と被害者になるような事件に発展するのは絶対に避けるべきだと思います。

 

とは言え、離婚を切り出された方はショックであることには変わりないので、自宅でそのような話をするよりも、レストランやカフェといった場所で落ち着いて話すのがベストです。

 

「自分のパートナーは逆上することはない」と思っていたとしても、何が起こるか分かりません。

 

自分の身を守るためにも、あまり感情的にならず、相手を思いやる気持ちを持ちつつ、離婚話を進めていくのが良いのです。

 

また、離婚を切り出すだけではなく、離婚の同意や離婚条件といったものを決めなければならないので、話し合うことはたくさんあります。

 

一度に全てを決めるとなると、かなりの時間を要しますし、相手にも考える時間を与えるべきだと思うので、どんなに長くても1時間以内の話し合いに抑えるべきです。

 

そして、ゆっくりと離婚に関する話を進めていくのが、トラブルの少ない離婚の切り出し方であると言えます。

 

理想は二人だけで話し合うのではなく、代理人や弁護士といった第三者を混ぜて話すのが良いと思います。

 

心理的なストレスは解消されますし、感情がぶつかり合うということを避けられるのです。

 

離婚問題はシビアであり、あなたが思っている以上に危険な問題ですので、気をつけて乗り越えなければなりません。

 

最初から喧嘩腰で話を進めると事件に発展する可能性があるので、十分に気をつけてください。

離婚の疑問点に関するページ