離婚の疑問点

 

 

離婚の疑問点について

ここでは、離婚の際に感じる疑問点について説明していきたいと思います。

 

離婚をしたいと思っていても、相手が自分の要求に応じてくれなかったり、どのように切り出せば良いのか分からないという方はいらっしゃるはずです。

 

そこで、ここではそのような疑問点を解決しているので、このページを参考にしてみることをおすすめします。

 

そうすれば、離婚に対する知識を身に付けられるはずです。さて、多くの方は離婚を一方が切り出せば裁判をしなくてもできると考えているかもしれませんが、決してそんなことはありません。

 

夫婦には協力して家族を守っていくという義務があり、そのために努力をする必要があります。

 

夫であれば家計を苦しめないために働いてお金を稼いだり、妻は家事や育児を行って夫をサポートするといった形です。

 

もちろん、この逆のパターンもあり得るのですが、家族を守るためにできることを行うということには変わりないでしょう。

 

とは言え、夫婦であっても所詮は他人ですから、様々なすれ違いがおきますし、それが発端となって離婚に至るというケースもあります。

 

しかし、一方がどうしても離婚をしたいと考えたとしても、相手がその離婚に応じなければ離婚裁判を行うしかないのです。

 

そして、法定離婚原因に該当しないという場合は、離婚は認められなくなっております。

 

このように、必ずしも離婚ができるわけではないということを頭に入れておいてください。

 

離婚の原因の中で1位を占めているのが性格の不一致なのですが、これは法定離婚原因には該当しないので、これだけの理由では離婚はできません。

 

どんなに、性格が合わなかったとしても、一度結婚をした以上、その家庭を保護する義務が法律にはあるのです。

 

そこで、婚姻を継続できない重要な事柄がある場合や、相手から悪意で遺棄されたという場合は、離婚が認められます。

 

法律は、夫婦関係の修復が不可能だと判断した場合に限り、離婚を認めているというわけです。

 

以上のように、離婚をするには婚姻を継続できないような理由や証拠がなければならないと説明できます。

離婚の疑問点に関するページ