離婚と弁護士

 

 

離婚と弁護士について

協議離婚や調停離婚であれば、弁護士に依頼する必要はなく、自分だけで話し合いを進めることは可能となっております。

 

地方裁判所で行われる調停離婚は難しい手続きがなく、費用も安いのでわざわざ弁護士を雇う必要がないのです。

 

とは言え、裁判離婚にまで発展すると、知識が乏しい素人では難しく、調停離婚でも相手方が弁護士を立てている場合は、上手く相手に利益が残るように丸め込まれてしまう可能性があるので、こちら側も弁護士を立てた方が良いと思います。

 

当たり前のことですが、弁護士を立てる場合はお金がかかるので、そこまでおすすめできる方法ではありませんが、離婚問題に関することを扱ったことのある弁護士を立てることで色々とアドバイスが受けられますし、裁判離婚を優位に進めることが可能ですので、選択肢の一つとして考えても良いかもしれません。

 

特に裁判離婚では手続きが厳格に定められており、知識がない素人が自分の判断で手続きを進めると、取り返しのつかないトラブルに巻き込まれてしまう可能性があるので、きちんと弁護士に相談するべきです。

 

しかし、弁護士と一口に言っても、離婚に関する問題を扱ったことがないという方はいらっしゃるので、弁護士事務所の選び方は非常に重要となっております。

 

それに、料金体系に関しても法律事務所によって異なっているので、どこに依頼するのが良いのかあらかじめ考えておくことが大切です。

 

さて、弁護士を立てる場合のほとんどが裁判離婚となっておりますが、この流れについて詳しく説明していきます。

 

いきなり裁判離婚ができるというわけではなく、調停離婚で成立しなかったという場合に限り、片方がどうしても離婚をしたいという時に訴訟を起こして裁判離婚へと発展します。

 

裁判期日では当事者双方が主張を行い、次に尋問が行われるのです。

 

そして、裁判所から和解の掲示がなされ、その案に合意すれば離婚が成立となり、慰謝料や養育費といった額も決定されるという仕組みとなっております。

 

「裁判離婚はどの程度かかるの?」という質問をされる方がいらっしゃいますが、判例によって異なるので一概には説明できないのですが、大よそ1年程度かかると思ってください。

 

第一審で勝訴したとしても、相手が控訴・上告すればまた争わなければならないので、更に時間がかかるというわけです。

 

長引けば長引くほど、お金がかかるので、裁判離婚を行うには相当な覚悟が必要となります。

離婚と弁護士に関するページ